絶景を楽しみにする日帰り旅行

日帰り旅行での楽しみとして、絶景スポットに行くことを挙げる人も少なくありません。ホテルや旅館などの宿泊施設を利用することがないため、全体の予算を低くすることができるのは魅力ですが、限られた時間をどのように使うかが重要ポイントです。

事前の計画を入念にしておくことが必要と言えます。詳細を見てみましょう。

先ずはプランニングから

日帰り旅行と言えば、多くの人が体験したことがあるのではないでしょうか。日帰り旅行をする人が多い理由には、気軽に行くことができることや旅費を抑制することができることなどが挙げられます。本来であれば、数日間かけてゆっくりとしたいにもかかわらず、仕事などの関係で日帰りを余儀なくされてしまう人も多いかもしれません。

日帰り旅行の目的はさまざまですが、日頃の仕事や学校、家事などから解放されたいという人も多いはずです。

少なくとも旅を楽しんでいる間は、仕事や家事をする必要はなく、またストレスや心配事も忘れられることが少なくないでしょう。

一人旅はもとより、カップルや家族、仕事仲間などと日帰り旅行を誰と楽しむかというのも、重要なポイントです。基本的には、日頃から仲良くしている友達や親密な関係にある恋人、気の置けない仲間などとの時間を楽しむのが旅行でしょう。

くだらない話や気になる関心事などをネタにした会話などを楽しむのも旅行の醍醐味と言えます。さらに、旅行の交通手段についても、選択肢は広がります。日帰り旅行ならば、バスや新幹線、あるいはレンタカーでの旅も良いかもしれません。

絶対に行きたい絶景スポットや楽しみたいグルメなど、あれこれとプランを作る段階から盛り上がるでしょう。

事前のリサーチが重要

日帰り旅行を楽しむ上での留意点と言えば、無理のないプランにすることです。ついつい旅行前の計画段階では、あれもこれもと欲張りたくなるのが心情で、日程的には無理なプランニングにしてしまうことも少なくありません。

中でも、車での移動をメインにするならば、余裕を持った日程にすることが大切です。日頃から何度も訪れる場所ならともかく、年に数回しか行かないような場所であれば、道中で何があるかわかりません。自然渋滞や事故渋滞など、想定外なことが発生するのも旅行の面白さではないでしょうか。

「計画を立てるのが面倒くさい」というなら、はじめからバスツアーに申し込むのも一つの方法です。ぶっつけ本番の日帰り旅行も決して悪くはありませんが、予め赴く場所や絶景ポイント、絶品グルメなどの情報についてリサーチしておくのも、日帰り旅行の楽しみ方です。

調べておかなければ知り得ないような場所での写真撮影や隠れ家的存在の飲食店などの情報を収集しておくことで、充実した日帰り旅行を実現できます。日帰り旅行を「たった一日」とネガティブに考える人もいるかもしれませんが、事前の準備次第でだいぶ密度の濃いものになります。

滝と湖!日本の絶景ポイント

絶景と一口にいっても、さまざまなポイントを挙げることができます。数多くの絶景の中でも、滝の風景を挙げる人も少なくありません。滝は自然が作った神秘的な現象の一つ。遠方から眺めるのも良いですが、可能ならばボートなどを使って近くにまで行って間近に見るのがおすすめです。

もちろん、ボートは運営者の指示に従うことになりますが、あまりの絶景ぶりに感動することになるでしょう。カメラやスマホなどがあれば、記念の一枚を忘れないようにします。滝の良さといえば、周囲に広がる新緑や紅葉などの鮮やかなコントラスト。

年間を通して楽しめますが、できるならばこの時期を狙って行きたいところです。また、湖も日帰り旅行で行くには、おすすめの絶景ポイントと言えるのではないでしょうか。とりわけ、コバルトブルーやエメラルドグリーンに透き通った湖面の表情を見ることで心が洗われます。

不思議で魅力的なのは、いずれの湖も全て自然が育んだという点です。人工的な感じが一切しないからこそ、多くの人を惹きつけることになります。なお、注意しなければならないのは、動きやすい服装で行くことです。特に女性は履物に気を付けるようにしましょう。

ピンヒールや革靴などは避け、スニーカーがおすすめです。

花の景色も楽しみ

絶景ポイントは滝や湖といった景色だけではありません。花の絶景ポイントがあることをご存知でしょうか。どうせ、日帰り旅行を楽しむなら花の風景を探しに行くプランを立てるのも良い方法と言えます。代表的な花として挙げられるのが菜の花です。

その土地土地の気候や気温などによっても異なりますが、1月には早咲きの菜の花が楽しめる地域もあります。花をクローズアップして撮影するのも良いですが、バックに広がる山々とセットにしてカメラにおさめるのも良いでしょう。

他に、梅や桜の景色も日本を代表する絶景ポイントとして有名です。春先を迎えるとあちらこちらから開花のニュースが飛び込んできて、高揚感が増しますよね。この時期になると、絶景を求めた日帰り旅行が増加します。美しい梅や桜の木々と一緒に川や山、電車などが写るように写真撮影することも楽しみですが、木の下で美味しいモノを食べることも関心事です。

確実に楽しむために

行き先や時間の自由度が少ないバスツアーの日帰り旅行は別ですが、列車やレンタカーを使っての旅行ならば、駅からの距離や現地での交通アクセスについても事前に調べておくことが必要です。日本全国に点在する絶景スポットの中には、最寄り駅からの距離が離れている場所も多く、交通アクセスが不便なことも想定されます。

仮にバスなどの交通手段があったとしても、それだけで安心することはできません。一日に数本しかバスの運行がないということも十分に考えられます。また、美味しいグルメや楽しみなイベントを謳い文句にしている観光地でも、時期によっては営業していないケースもありますので注意が必要です。

さらに、絶景ポイントをめぐる日帰り旅行の場合、天気や気象条件によっては、中止や延期を余儀なくされることもあるかもしれません。参加者の日程調整などが難しくて決行する場合には、「雨の日パターン」などを用意しておくことも大事。

先述した通り、旅行に一緒に出かけるような関係ですから、天気や気象条件に左右されることなく楽しめるはずです。

関連-日帰りバスツアー(関西発・大阪発)| オリオンツアー